たかぷろ1日目!あなたに伝えたいメッセージ

8月19日に行われた高田とぼくらの未来開拓プロジェクト(通称:たかぷろ)の2017年夏の二大イベントのひとつ、【石浜であなたに伝えたいメッセージwith青春海に叫び隊】に行ってきました。

※たかぷろとは

イベントの流れは上の写真のとおりです。

あいにくの天候で海ではなく広田地区コミュニティーセンターで行われましたが、そんなことも感じさせない盛り上がりでした。イベントは中高大、大人合わせて約30名の参加者で行われました。

アイスブレイクでは、[どっちっちゲーム]というゲームで最初から大盛り上がり。

 

 

2人きりで語り合う、そして深める

将来一緒に考えたいむ]は、40分間大学生と中高生二人一組で、自分の将来について語り合う時間。将来に近づく質問集を使い、趣味を聞くところから最終的に”どんな人になりたいか”まで深まっていくようでした。

アドバイスあげたいむ]では相手の、”こうなりたい”ということに対し、自分のことのように考え、”こんなことをしてみたら良いのでは”とアドバイスをしあいました。この時間から、地元の佐々木幸悦さんと佐々木哲さんも大人目線のアドバイス役として参加してくださいました。

[宣言しちゃおう]の時間では、深めた自分の将来像を、「こうなりたい!だから明日から◯◯する!」と全員で円になって一人ずつ”青春っぽく”宣言していきました。大学二年生の高橋怜奈さんは「子供達に笑顔を与えられる保育士になる。だから明日から自分が笑顔で居続けます!」、高校一年生の菅野敬介さんは「心が広く、色んな人たちに頼りにされる人間になりたい。だから明日から小さなことでも人の役に立ちたい。あと、その人の笑顔が見たいです!」と大きな声で宣言していました。

”青春!たかぷろ!YEAH!”

最後の[あなたにメッセージあげたいむ]では、宣言の内容に対し色んな人と応援メッセージを送り合いました。その際、「青春!たかぷろ!YEAH!」と叫びながらハイタッチをするという、まさしく”青春らしい”光景を見ることができました。

コアメンバーで大学三年生の菱田雛子さんは「イベントの準備含める三ヶ月間、こんなにも人のことを考え行動することが初めてで、”人との向き合い方”がグレードアップし、自分自身もすごく成長することができた。一緒に頑張ってきた中高生の変わっていくところも間近で見ることができて、嬉しかった」と語っていました。

このイベントを通して、本音を語り合い、自分の想いを伝え、応援の言葉をもらうことで、参加者の顔つきが変わっていく様子を見ることができました。

関連記事

  1. アトリエizm 浜辺で素材集め!

  2. 民泊1日目に密着!

  3. 大阪から民泊に来てくださいました!

  4. 民泊2日目!生徒たちの腕の見せ所!

  5. 三陸館主催 「鎮魂・延年の舞展」開催!

  6. 復活!!6年ぶりの町民運動会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • CMSP
  • CMC
  • TAKAPRO
  • PIROTA
  • HAMAYASAI