自分の生きる人生を愛す。 野尻悠

こんにちは!
9月末に半年間働いた会社を退職し、広田町に移住しました。
CMSP6期、7期、11期、16期スタッフをやっていた、
現在、CMCに参加しています野尻 悠です(^^)
(CMCについてはこちら

突然ですが、、私の、自分の理想像は
『自分、生きがいをもってキラキラと輝く人を増やす人』です。
CMSPをやっていた約一年前から変わっていません。
広田の人と関わる中で、自分の仕事を「大変だけど、毎日試行錯誤するのが楽しいのよ」そう言って笑顔で働く姿はとてもかっこよく、刺激をもらっていました。
本当は私が笑顔にしたいはずなのに、逆に力をもらい笑顔をもらっていたのは私でした。

私ももっと、みんなに元気を分け与えられるようなかっこいい大人になりたいなと思うようになり、いつしか『子供ができても青春していよう』と、そんな夢をもっていました。
たとえ子供にバカだと言われても、青春の面白さがわかるまで、その子らしく最高に楽しい人生を生きれるよう、ずっとバカであり続けたいなと。

だから、まずは私が楽しくも辛くも素直に生きること、それは素晴らしいことなんだと、私らしく輝ける日々を過ごすことで、何か周りの人に伝わるものがあると嬉しいなと思っています。

そんな私の、10月からの広田ライフ。

『広田でのカフェづくり』

そう。私は、来年4月、広田にカフェをオープンします!
私の大切な(大切になる)人たちが集まって、幸せを感じられる空間を創りたい、そんな想いから始まりました。

10月からちょっとずつゆっくり動き始めて、

”この扉を開けた人たちに
一人ひとりのサードプレイスを創ることで
なんか、いつもよりちょっと優しい自分に出会う。”

こそばゆい、お気に入りの目的ができました。
私の原体験からできた目的で、
私の中でいつもつくるものとちょっと違う、あたたかい目的になっています。

そして、つい先日決まったのがお店の名前!

『隠れ家カフェ 彩葉』
一人一人が彩りをもった一枚の葉であり、それぞれが好きなように自分の居場所を創る。

“彩り”という言葉が好きで、広田に似合いそうな柔らかい名前かなと。完全にお気に入りです。

やはり、何かが前に進んだり、素敵なものに出会うと心が晴れやかになる気がします。

そんな私は、広田で毎日涙を流しています。

悲しいからではありません。
新しい自分との出会いに、悔しさ3割嬉しさ7割といったところでしょうか。

先週は「自分のことを大事にしていない自分」に出会い、
とてつもなく震えるほどに泣きました。
(あの時はちょっぴり悲しさがあったのですが。笑)

私は、多分大体の人がご存知の通り、遅刻魔です。

反省はしているつもりなのですが、治らない癖でした。
そして、毎回相手をがっかりさせてしまったと思うのですが、遅刻して一番ダメージを受けているのは私自身なんです。ひどく萎えてテンションガタ落ちで、より相手に迷惑をかけていたことと思います。(ごめんなさい。)

これは相手との約束だけど、まず第一に”自分との約束”なんだよなと、私は毎回相手と自分を裏切っていたんだと、やっと気付けました。

自分のことを好きなつもりに、大切にしているつもりになっていただけ、
だから、もっと自分のことを愛してあげよう!
そう、思うようになれた出会いでした。

そして今週は「広田ライフを楽しめていない自分」に出会いました。

広田の人ともっと一緒にいたい、一緒に何かをしたい!
広田が大好きで、広田の人が大好き。
そんな想いが強まり、絶えきれず移住を決意したはずなのに、いつしかその想いを心の奥底に眠らせていました。

ただ自分のことばかりに夢中になって、頭のなかに広田の人が思い浮かばなくなっていた。
私は広田で、広田の人と、毎日楽しく笑って過ごしたかったはずなのに、、

そう気づいた瞬間、涙が止まらなくなりました。

 

もっと広田ライフを楽しもう!
一人じゃなくみんなで!

単純にそんな想いです。

広田での毎日は感情が揺さぶられることが多く、楽しいだけでなく疲れてしまうこともあります。
その負の連鎖で自分を裏切ってしまうことがあるかもしれない。
へなちょこな自分に涙する日が続くかもしれない。
でも、自分のやりたいように心に素直に生きていれば、晴れやかな心と笑顔さえあれば、
きっと、きっときっと大丈夫。

今も、これからも、私の歩んでいる道を愛し、大切にしていきたいと思っています。

【わたしのベストピクチャー】

広田に来て初めての海が大陽でした。
なんとも透き通っていて心が洗われるかのような海。
この浜に広田の人とのたくさんの想い出が詰まっています。
見る度に嬉しくなったり涙が出たり元気が出たり心が落ち着く。
私の第一のエネルギーの源です。

関連記事

  1. 僕が広田に行く理由 副島弘輝

  2. 内と外 CMSP24th 夏本明彦

  3. 広田&たかぷろと関わる半年間で感じたこと 鈴木太史郎

  4. 浜の母ちゃんになりたい 煙山美帆

  5. 私にとっての「広田」という町 平山楓

  6. 出会い 高橋理沙

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • CMSP
  • CMC
  • TAKAPRO
  • PIROTA
  • HAMAYASAI