時代に合わせて柔軟に変化し続ける町

生きる甲斐があると思える町

町のために行動する人が増える町

人口が減るなかで豊かになる町

ひとづくり×まちづくりで地域は加速する

はこうした町の実現には何が求められているのでしょうか。
私たちはそのヒントとして、地元の方と外部の若者との交流を通した

”ひとづくり” と ”まちづくり”

に着目しました。

「自分たちが町をつくっているんだ!」と誇りを持ち、自ら町に対しアイデアを出し、行動できる人を育んでいく”ひとづくり

そして、そこから生まれるアイデアをしっかりカタチにして、町の機能として未来に残し、暮らしを再構築していく”まちづくり

これら2つの視点を軸に、地域を加速させるため、具体的に以下のような事業を展開しています。

民泊修学旅行誘致事業

外部の子どもたちが地域を知るきっかけに。
「またこの町に来たい」と思える。

高生の頃、誰もが一度は行ったことがある修学旅行。 きっと多くの人にとって思い出深いもののはず。
民泊修学旅行では、この地域だからこそ伝えられる学びと、実際の田舎暮らし体験の機会を通した”最高の思い出づくり”を子どもたちに提供しています。この経験を思い出し、近い将来またこの町に足を運ぶきっかけになればと考えています。
SETは、一般社団法人マルゴト陸前高田、株式会社And Nature、陸前高田市と協働で民泊事業を行なっています。陸前高田市初の民泊修学旅行の受け入れから、SETは広田町地区の担当をさせて頂き、ご家庭一軒一軒をまわって民泊の受け入れをお願いに行ったり、地元の方々に向けて説明会を行なったりしています。また、修学旅行が決定した学校に直接伺い、生徒さんに向け事前学習会や講演をすることもあります。
子どもたちにとっても、町に住む方々にとっても、民泊修学旅行は自分たちの暮らしを見つめ直す機会になると確信しています。

 

>

©一般社団法人 マルゴト陸前高田 ©株式会社 And Nature
 

高田とぼくらの未来開拓事業

地元の子どもたちが、自分の生きたい生き方、町のことを考え、行動する。
最高の共育現場を陸前高田に。

田とぼくらの未来開拓事業は、1人1人が自身の可能性にチャレンジし、生きたい生き方に向け走り続けていくことを目的とし、陸前高田市に住む中高生と首都圏の大学生が、地域のためになるような企画を共に立案し、実行まで自分たちで行います。
地方の中高生は、都会の子供たちに比べてロールモデルが少なく、将来について考えるチャンス・選択肢が限られているのが現状です。そこで、ロールモデルとなりうる首都圏の大学生と共に、自分たちのキャリアを描き、将来の夢につながるアクションを自分の町を舞台に実行していく。そのような共育現場を築いていきます。
自分たちのアイデアが町の中でカタチとなり、それが認められる過程を経て、「学校卒業後も自分のふるさとのために活動したい」と思える町の姿を創りたいと考えています。現在、県外の大学に進学しながらも、今度は大学生の立場として町に通い活動しているメンバーもいます。

Change Maker Study Program

外部の学生が、町の人と共に挑む1週間の地域おこし実践プログラム
小さな、でも確かな変化。町へ。

Change Maker Study Programは、外部の学生と地元の大人の方が共に広田町の魅力や課題を見つけ、課題解決を実行し、その成果を報告する1週間の実践型プログラムです。
地元の方と広田町の”まちづくり”を一緒に考え、1つのチームとなり「やりたい」を形にしていきます。
人や町のために”今を本気で取り組む”挑戦をすることで、このプログラムに関わる1人1人が自分の人生を本気で歩み出し、地域の未来を変えていくChange Makerとなることを目指しています。
またこの一週間で自分の「やりたい」を「できた」に変えることが、一人ひとりの人生を輝かせるきっかけになっていきます。

Change Makers’ College

”地域への移住”という道を一気に拓く4か月間の移住留学
あなたの次の一歩がこの町でセーカイになる

 

域で暮らすということ 働くということ 生きるということを、広田町という最前線で体感できる、実質0円の4か月間の移住留学プログラム。
将来地域に移住することを少しでも選択肢に入れている方に向けて、安心して移住できるような環境を、SETの地域移住コーディネーターが整えました。
SETがこれまでの6年間で培ってきた経験と実績を生かしたこのプログラムでは移住力=どこに住んでも、やりたいことで生きていける力」が徹底的に身に付きます。

移住のハードルを「ゼロ」に。

現在第2期生募集中です!

 

 

 

  • CMSP
  • CMC
  • TAKAPRO
  • PIROTA
  • HAMAYASAI