海を辿るとそこにある 葉山舞子

海を好きになりました。

 

まるで対岸にあの町があるかのように、目を細め、海の向こうへ想いを馳せるようになりました。

広田は、私にとっての原風景です。

 

 

チェンジメーカー7期、13期。そして漁師町ダイアリー。
「たった2年」、「されど2年」、私は広田と関わってきました。

広田には、笑い泣きながら、”全力”というものを共に楽しめる仲間がいて。

それぞれの至らないところも、すごいところも、すべてひっくるめて大好きな人たちでした。

そんな彼らに教わった広田の星空は、たしかに宝石を散りばめたように綺麗です。

 

広田には、1番苦しいときに、何気なく連絡をくれたりする、しゃいな漁師さんがいて。

私の居場所にはここにもあるんだ、と確信させてくれた人でした。

そんな漁師さんが生きがいとする大陽の海は、波と共にたくさんの思い出を運んできて、私の心を洗ってくれます。

 

広田という場所で、こんなにも大切な人たちと想いを重ね合う日々を経て、私の進路が決まったんです。

広田と関わる前には考えもしなかった職業ですが、私は、働くことを楽しんでいます。

 

 

社会人になって、半年が経ちました。
そうはいっても ままならないことだらけの今、
それでもこの場に立っていることへの後悔もせず、楽しみ、前を向いて歩めているのは

広田で生きた一瞬一瞬があってこそ、です。

 

 

 

だから

 

どうしてこんなにも広田が好きなのか、なんて。

どうして大陽、という文字を綴るだけで時折泣きたくなるのか、なんて。

 

彼らと過ごした、何物にも代えがたい原風景が、そこにあるからに他なりません。

 

 

ここまで書いてみても、
私の中に広田が刻まれてからの約63072000秒を言葉のみで表すのは、こんなにも難しい。

だからきっと、私がやるべきことは

この2年間を全部 力に変えて、私らしい生き方を体現することなのだと思います。

広田に力をもらった1人として。

 

【私の広田ベストピクチャー】

13期CMSPを終え、1年を通して1番お世話になった面々で飲むお酒でした。
これを見るたび、苦しくて楽しくて幸せな日々を思い出し、笑みがこぼれて止みません。

関連記事

  1. 想いを繋ぎたい 佐藤 翼

  2. 片山悠1

    写真展を終え、日本を離れて半年。 片山悠

  3. "俺の人生"という映画の主役 城倉宏成

  4. 小さくなるから出会えた自分 齊藤湧太

  5. 脱・「つぎつぎになりゆくいきほひ」 藤本 篤二郎

  6. PJ離れて1年半 杉崎裕里

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


LINK

気になる活動を もっと詳しく見る