写真展を終え、日本を離れて半年。 片山悠

片山悠1

初めまして、現在大学4年生の片山悠です。

広田に初めて出会ったのは2016年の夏にCMSPのプログラムに参加し、その後広田町ともっと関わりを持ちたい、と思い半年間スタッフとして活動を続けました。

私は、去年(2017年)の8月から海外に留学に来ています。
ので、次の夏季CMSPスタッフを続けるという選択肢はありませんでしたが、新しいプロジェクトに声をかけて頂き、写真展を開催しました。
写真展『花笑み日記』

プロジェクトを終えて、写真をもっと好きに、自信もって、好きなものを好きだと言えるようになりました。
(趣味:写真を撮ること!)

 

写真展に関わることができたのは、自分にとってとても大きなことでした。

SETメンバー同士でも一緒に話す機会があったのは年に数回の総会の時のみで、深く知り合えるのも少しハードルがあるように私は感じてしまっていました。
(元々人見知りなのでより一層初対面の人に敏感でした)

写真展は、プロジェクトを跨いでSETメンバーの写真好きが6人集まりましたが、ほとんどちゃんと話したことないメンバーでした。さらに、プロジェクト自体はたった3か月という、短い期間で行われました。

写真展花笑み日記

私には奇跡的な出来事のように感じました。

さらには、SETメンバーだけでなく、町の人との繋がりも広く深くなり、知らなかったSETのこと、町の人、広田の景色、既に関わりのある場所でも知らなかったことがたくさんあった。
大切なことをプロジェクトを通して気付きました。

“人と人の繋がりで世界がこんなにも広がる。”

“人の繋がりで生まれた縁は、心も豊かにする。”

SETに出会って私は‘仲間’ができました。信頼関係があり、共に心が豊かな人生を歩んでいこうと本気で思える人たち。

自己紹介でも書きましたが、現在留学中です。(半年が経ちました)
しかし、今まで日本でもちゃんと話したことない人にも、連絡して、1対1でSETメンバーとテレビ電話をしました。

方向性やいまやっていることが全く違っても、SETとして大切にしている、「一人ひとりの『やりたい』をカタチにすること」が根底にあり、そのなかで活動をしている同じSETの仲間であることには変わりがない。
場所が離れていても共に頑張ろうと思える人。

写真展を終え、また日本を離れてより強く感じています。

SET全体としてプロジェクトごとの壁は、1年前と比べて大きく変わってきています。
一つの大きな流れとして動きを感じます。

残り3か月で私は留学を終えます。SETメンバー、町の人、広田町に再会できます。

約1年ぶりの再会でどんな会話が生まれるのか、どんな思いが湧き上がってくるのか、とても、楽しみです。

【わたしのベスト広田フォト】

【写真4:根崎の海からの朝陽】 ふと朝早くに目が覚めた時に海まで散歩したときの海辺の朝陽。  ざわめいていた心をそっと落ち着かせてくれた場所。 とても静かで空も海も木々も自然を肌で感じ、 深呼吸してきれいな空気を体に入れ、新たな一日の始まり。

根先の海からの朝暘

 

ふと朝早くに目が覚めた時に海まで散歩したときの海辺の朝陽。
ざわめいていた心をそっと落ち着かせてくれた場所。
とても静かで空も海も木々も自然を肌で感じ、
深呼吸してきれいな空気を体に入れ、新たな一日の始まり。

関連記事

  1. ぼくはぼくのバラに責任がある 島山怜

  2. PJ離れて1年半 杉崎裕里

  3. 変化を楽しむ 中森千裕

  4. 自分の生きる人生を愛す。 野尻悠

  5. 脱・「つぎつぎになりゆくいきほひ」 藤本 篤二郎

  6. まっすぐに、正直に  石渡博之

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


LINK