自分らしく選択する 米元里樹

どうも!
やる気、元気、コメモトリキです!!
CMSP 28期 長洞担当のリーダーをやっています。

オーストラリア出身で17歳の時、プロ野球選手になりたくて、日本にきました。
なので、文書を書くことには苦手ですが、せっかく機会をいただいたので頑張りたいと思います。

今回は自分がなんでCMSPに参加したのか、
そしてCMSPでの一年間で気づけたこと・学べたことを書きたいと思います。

高校2年生の時、日本に来て周りの「いろ」に合わせようとして、自分の「いろ」を失いました。
自分の本来の「いろ」を忘れてしまいました。

自分の言いたいことを言わずに、周りが求めれている答えを考えようとしていました。
当たり障りもない発言、そもそも意見を述べませんでした。
とりあえず、ヘラヘラして誤魔化して逃げていました。
なので、自分が思っていることを言える友達もいませんでしたし、友達を作ることを諦めてました。

するとある日、CMSPのビラを大学でもらい、興味本位で電話をかけたら大学に来て個別説明をしてあげると言われました。
最初はものすごく疑いました。
しかし、内容は覚えていないけれど、話しているスタッフが本気で、泣きそうになって話している姿を見て、
この人たちとなら何かが起きそうと、ビビってきたのを鮮明に覚えてます。

そこから、CMSPでの一年が始まりました。
参加者、スタッフ、リーダーを経て、一年がすぎました。
学んだこと、気づけたことは無数にあります。
その中で自分が大切にしたい価値観は自分らしく選択をすることです。
生きていれば、たくさんの選択を問われます。
特にモノや情報で溢れている現代では選択肢が多数に存在し、より悩むと思います。

どこの会社で勤めるのか?
誰と結婚するのか?
どこに住むのか?

このような選択を問われた時に、自分の目指したい方向も忘れてはならないが、
自分らしく、つまり自分が一番生き生きできる選択をしたい。

そんな選択が自分の人生を作り上げるのだと思います。
そして、自分らしく選択を続けることで、振り返った時に、
たくさんの思い出や気づき、話せるネタがたくさんあると思います。
このネタを増やし続けることが、自分の人生を活き活き、生きることなのかなと思います。

自分はCMSPのリーダーを続けません。
しかし、どこにいようと自分らしく選択をすれば、きっとどこかでまた会えると思っています。
また会える日まで、「自分らしく」を磨きたいです。

ありがとうございました。

【私のベスト広田ピクチャー】

25期のアクションプランをやりきった後に、広い空が清々しいぐらいに気持ちよかった写真。

この記事が気に入ったらハートマークをクリック!

関連記事

  1. 私にとっての「広田」という町 平山楓

  2. 「町」は「人」でできている。 土田麟太郎

  3. 片山悠1

    写真展を終え、日本を離れて半年。 片山悠

  4. CMSPに”こだわる” 行本未希

  5. 一瞬×一瞬=人生=幸せ? 三橋英里奈

  6. 夢から始まる最高の共育現場 保科光亨

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


LINK