私のおじいちゃん、おばあちゃん 宍戸那央樹

宍戸那央樹(ししどなおき)です!

CMSP15期参加者、23期・27期・38期スタッフ
HAP(Hirota Architecture Project) スタッフ
マイスタープロジェクト 参加者
創作サークル「ひびくとはじく」デザイナー
日本酒同好会 主催者

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「宍戸は元気か?」
「宍戸は次いつ来るんだ?」
そんな声が友人経由で聞こえてきた。 私は、このNPO法人SETに所属し、陸前高田市広田町でかれこれ1年半弱活動をしている。
そして、様々な活動を通して、いままで多くの町の方と関わらせていただき、多くの愛をもらいました。

 

そうだ、久々に○○さんに会いに行こ!
扉を開けて、
「ただいまー!」と言う。
「おかえりなさい!!元気だったかい。とりあえず、上がってお茶でも飲みなさい。ほら、お菓子も食べないさい。ちゃんとごはん食べてるかい。無理してないかい。今回はいつまでこっちにいるんだい?彼女はできたかい?」
もう質問の嵐。
でも、本当に嬉しくて、優しくて、愛されてるんだなって感じる。

自分の生まれでも、縁がある地でもないこの広田町に私のことを待っててくれる人、会いに行きたいと思える人ができるなんて、思ってもみなかった。
でも、気づけば、ほら、こんなに。

それが嬉しくて嬉しくて、広田に行けない時もたまに電話をしちゃう。
その度に、
「元気にしてるかい?今どこにいるんだい?次はいつ来るんだ?」
またまた、質問の嵐。

普段つんつんしてるじっちゃんも、久々の電話には、ニヤニヤしながら話してるのが伝わってくる。

そんな、可愛くて、愛おしくて、大好きな町の人に、

1日でも長く生きてほしい。

1日でも多くの楽しいを感じて欲しい。

一言でも多くの「ありがとう。」を伝えたい。

そんなことを感じながら、今日も活動してます。

 

私のベスト広田ピクチャー(エピソード)

民泊でお世話になった、茂木操さんとけいこさん
帰り際に、「いつでも帰ってきなさい。」と言ってくれた。

関連記事

  1. ぼくはぼくのバラに責任がある 島山怜

  2. 「僕と広田の、これまでとこれから」 茂木雄太郎

  3. 想いを繋ぎたい 佐藤 翼

  4. 広田町がもたらしたもの 鈴木力

  5. 広田で変われた自分  菱田雛子

  6. 脱・「つぎつぎになりゆくいきほひ」 藤本 篤二郎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


SET's LINK

気になる活動を もっと詳しく見る

  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Maker Study Program
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉