看護師になって、9ヶ月目で感じること。  行本未希

こんにちは!SET社会人メンバーのみきてぃーです!
SETに出会って、約2年が経ちました。
学生時代は、ずーーっとSETの中のchange maker study programでスタッフをやっていました!
2018年4月に社会人となり、憧れだった小児科の看護師として働いています。

看護師になって9ヶ月が経ちました。
まだまだぺーぺー看護師で、思うようにできないこともたっくさんあります!笑

目の前の“忙しさ”にただ追われて、気づいたら仕事が終わっていることも…泣

そんな中でも、看護師として働く中で見失いたくないこと。
それは、目の前の子ども達との時間を大事にして、一緒に笑うこと。

もちろん看護師として医学的な目を持って働くことはすごく大事なことだと思います。

でも、それと同じぐらい子どもと楽しい時間を共有することは
とってもとっても大事だと思っています。

私が働く場所では、長期的に入院するお子さんが多くいます。
そういう子どもたちが外泊(症状が落ち着いているときに家に一度帰ること)をして、
病院に帰ってきた時、こんな光景があります。
子どもが「ただいま〜!」と笑顔で言い、私たち看護師が「おかえりー!」と出迎える光景。

その子ども達にとっては、病院はひとつの居場所なのだと感じています。
もうひとつの“家”なんだと。

だから
親御さんと一緒に子どもを見守りたい、子ども達とあったかい時間をたくさん過ごしたい
と強く思います。

病気があっても、子どもはただの子ども。そんなこと関係なく笑う権利、幸せを感じる権利はあります。
病気がある=可哀想な子どもじゃない。

病院でたくさん苦しいこと、辛いこともあるかもしれない。
でも、それよりもたくさん笑って過ごす時間を増やしたい、幸せを感じられる時間を大切にしたい、そう思います。

こんな風に感じることができるのは、SETで過ごしてきた時間があったから。

SETでは、自分が本当にしたいことは何なのか、目指したい自分は何なのか、を考えるチャンスがたっっくさんあります。

この時間があったから、今、社会人になって目指したい物を見失わずに働くことができているのだと思います。

これからも自分の目指す看護師像を追い続けたい、そう思います。


【広田ベストピクチャー】

社会人なってからの広田訪問!

一緒に活動してたメンバーと社会人になっても広田町へ!
現役で活動している子たちとも仲良くなり、町の人と一緒にごはんをいただきました♡

いくつになっても帰る場所だなぁ〜と。
私たちの成長を見守ってくださっています(^^)

関連記事

  1. 浜の母ちゃんになりたい 煙山美帆

  2. その時の感情を,想いを表現すること.伝えること. 岡山士朗…

  3. 「仲間」というつながり 木村由梨

  4. 今夜は『石ころを宝物にするのは強い私』の物語にしようか 是久…

  5. 素っ裸になりました。 佐々木祐郷

  6. 陸前高田市の成人式に行ってみて。上田彩果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


SET's LINK

気になる活動を もっと詳しく見る

  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Maker Study Program
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉