中沢浜盆踊り~ばあちゃんの一言から~

広田町中沢浜地区の盆踊り。

東日本大震災で会場が流され、復興にいっぱいだったのだろうか、震災後はやらないことが当たり前になっていた。

 

しかし、そんな8年間の当たり前に変化が起きた。

去年から中沢浜で盆踊りが行われ、今年で2度目になるのだ。

 

これは中沢浜地区が開いたのではない。1人の女性が行った盆踊りである。

(写真:左が私、右がまさよさん)

 

その方は『まさよさん』近年、定年でお仕事をやめ、畑で野菜とたくさんのお花を育てる方。

 

きっかけは、93歳にもなるばあちゃんたちが、

「盆踊りあればいいのにねぇ。」

というなにげなく、でも切実な一言始まった。

 

盆踊りを自ら開いたことのないまさよさんは、

まず私たち大学生に、声をかけてくれた

「盆踊りやろうと思うの。手伝ってくれないかしら?」

 

そこから、まさよさんパワーで人を巻き込みながら、どんどん着実に進めていく。

チラシを作って、みんなに声をかけて、機材の準備をして、なにを踊るか考え、朝早くから近所のみんなと大学生たちと会場準備、カレーを近所の人と手分けをしながら、、、盆踊り当日

(写真:近所の人と朝から準備した盆踊り会場)

 

本番直前は大忙し!

普段から冗談で町に響く笑い声をあげるまさよさん、様々な準備、周りも見ながら、誰よりせかせかと動き回る。それはもうヘトヘト

 

そんなまさよさんをみて周りの人が声をかける。

「手伝うことあれば、やるよー!」

まさよさんの行動は人を動かす。

 

さあ、みんなで準備をして、ついに始まった盆踊り

 

「あんた〜久しぶりねぇ!」

地区が同じでも久しぶりに会う人町の人たち

「はじめまして、踊り上手ですね..!」

盆踊りに困惑しながらも町の方と楽しむ大学生

「いいよいいよ〜!楽しいねぇ」

椅子に座りながら掛け声かけ踊るおばあちゃん

あの、一声のおばあちゃんも嬉しそうな満面の笑みだった。

 

あたたかく楽しい、町がぽっと賑わった盆踊りとなった。

 

そして、まさよさんは、ほっとした顔になっていた。

 

盆踊りが終わり、一息したところで、まさよさんは私に言った。

『あんたたちがいるから、やろうと思ったのよ〜』

 

大学生の私たちが広田町中沢浜で、なにかをやっていることを知っていた。それこそ、大学生の私たちが、町の方を集めて盆踊りをやりたい。と話していた。

一緒にやるなら、やろうかと思っていたらしい。

(写真:盆踊り会場からの夕日)

 

私は胸が熱くなる嬉しさがもこみあげてきた。

 

まさよさんは、おばあちゃんたちに楽しんでほしい。

ただ、そんな気持ち。でも、

その背景には震災や、家族やこの町へ、たくさんの想いがあってここにいる。そして盆踊りをすることにした。

 

そんな、まさよさんが

私たちと関わり見守ってくれていたこと

私たちとなにかしようと思ったこと

私に司会をしてほしいと大切な役を頼んでくれたこと

このまさよさんにとって、町にとっても、大切な盆踊りを一緒に創らせてもらったことが

本当に嬉しく思いました。

 

カラっと笑って

「んまた、来年もよろしくねぇ〜!」

 

きっと、これからも、

私たち大学生にしかできないことがある。

(写真:尊敬するまさよさんが開会の言葉を語る姿)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

著者:廣瀬陽香(組織イノベーションプレイス、学生メンバー)

経歴:
CMSPスタッフ25期長洞地区
CMSPリーダー27,36,46期中沢浜地区
広田っ子遊びPJメンバー

関連記事

  1. SETパソナ共同主催地域創生インターンシップin淡路島

  2. ラー二ングジャーニー@波佐見 釣部実

  3. 民泊事前研修行ってきましたー!

  4. 県政懇親会に出席してきました!

  5. 「やってみよう!」CMC チャレンジデー

  6. 陸前高田市の地域交通を考えるシンポジウムでの登壇

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


SET's LINK

気になる活動を もっと詳しく見る

  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Maker Study Program
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉