外部連携調査「広田町内外の交流に関するアンケート調査報告書〜『交流』にはどんな価値があったのか?〜」

「広田町内外の交流に関するアンケート調査報告書〜『交流』にはどんな価値があったのか?〜」について

 現在、陸前高田市では、「陸前高田市まちづくり総合計画」のもと、地域間の交流を促進しながら持続可能なまちづくりを進めており、広田町においては、当法人が行う交流事業により、地域復興活動が進められております。

 このたび、広田町内外の交流の実態を把握し、今後のまちづくりに活かしていくため、また多くの方に知っていただくために「広田町内外の交流に関するアンケート調査報告書〜『交流』にはどんな価値があったのか?〜」を作成しました。

研究メンバー

三井 俊介 NPO法人SET 理事長
廣瀬 太陽 NPO法人SET 現地メンバー
兼 調査員

アドバイザー

石田 裕 宮城大学事業構想学郡 准教授
日本NPO学会会長
大澤 健 和歌山大学経済学部 教授

協力

陸前高田市

助成

「Yahoo!基金2020年度被災地復興調査助成」

調査報告書

「広田町内外の交流に関するアンケート調査報告書〜『交流』にはどんな価値があったのか?〜」(本体)(PDF 3.4MB)

印刷用はこちらから

「広田町内外の交流に関するアンケート調査報告書〜『交流』にはどんな価値があったのか?〜」(データ一覧)(PDF 4.7MB)

印刷用はこちらから

また、エクセルでのローデータに関しましてもご希望があればご提供させていただきますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

(問い合わせ先)
set.forjapan@gmail.com
(調査事業 担当者 宛)

関連記事

  1. 外部連携調査「町内経済循環をうながす4つの試み~地域内経済循…

  2. 外部連携調査「広⽥町外出状況・ラストマイル輸送に関するアンケ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


SET's LINK

気になる活動を もっと詳しく見る

  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Maker Study Program
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉

Special LINK

SETの活動を応援する

  • ハチドリ電力

ハチドリ電力様