詳細は画像をクリック!

詳細は画像をクリック!

岩手県陸前高田にある広田町という町を訪れ、この町の誇りや美しい暮らし、そんな”広田izm”のつまった作品をつくっていこう、というプロジェクト。「ご近所づきあい」の減少、町の人が受け継いできた伝統や仕事の技の「後継者不足」。こうした広田町が抱える課題を、芸術・デザインの力でなんとかできないものか。もっと町の人たちの暮らしを、町の風景を色づかせていけないのだろうか。

このような背景があって立ち上がりました。

作品のコンセプトは自由自在。

「広田で手に入る素材」を活用し、町の暮らしを堪能する中で湧いて来たインスピレーションに従って、作品づくりをしていきます。

2017年10月22日(日)に、広田町コミュニティセンターで開催される「広田町文化祭」に参加しました!

この夏に制作した作品の告知を行うと共に、

・広田の植物を使った草木染めワークショップの開催
・展示『SET HOUSE』(NPO法人SETと関わる町の方の部屋を再現するという設定で、体験を通じSETを知っていただく。)

以上2つを実施しました!

アトリエ”izm”が作品制作を通じて培った、「広田にあるもので、いいものづくりをする」経験を、来ていただいた方に感じていただけるような場をデザインしました。

『岩手日報』(17.9.7)

【2017/9/7】
「岩手日報」に掲載されました。

【2017/9/13】
「東海新報」に掲載されました。

【2017/9/17】
NHK仙台「被災地からの声」にて紹介されました。


LINK

  • CMSP
  • CMC
  • TAKAPRO