広田町にいる職人やユニークな文化を持つ人に「弟子入り」するプロジェクト

 広田町には、漁業や農業・建設業など様々な業界でその道のたくましい職人が多く、また、この町ならではの豊かな文化や生き方があります。しかし、これまで育まれてきた伝統や技術は、次世代の担い手不足で、時とともに失われようとしています。私たちマイスタープロジェクトは、広田町の魅力を見つめ直し、伝統を受け継ぎ、仕事を生み出すきっかけをつくることで、町の未来に希望を残していきたいと考えています。

 伝統を受け継ぐためのアクションとして、町の職人の方々のもとで大学生が「弟子入り」をします。「仕事とは何か」「伝統を受け継ぐとはどういうことか」を深く問いながら、技術やそこに込められた想いを確かに引き継ぎ、新しい仕事のカタチに繋げていきます。

4つの弟子入り企画

 マイスタープロジェクトでは現在、「赤そば」「大工」「裁縫」「語り部」という4つの分野での「弟子入り」に挑戦しています。そしてこの2018年3月、広田町の後継者問題に立ち向かう一歩として、日本人だけではなく、日本だからこその技術に関心のある外国人留学生も対象とした、10日間の「弟子入り・仕事づくりプログラム」を実行します。

 10日間では何も変わらないと言う人もいるかもしれません。しかし、限られた時間だからこそ「職」や「技術」に真摯に向き合い考えることができます。自分たちならではの仕事を創りあげ、この町と人に希望を灯していきます。 


【日時】
3月14~23日

【プログラム内容】
3月14~18日:「農家」「家具職人」「裁縫」「製本」での弟子入り体験
3月19~21日:弟子入り体験で学んだ経験や知識をもとに自分なりの仕事の形のアウトプットを出す

3月22日:3日間でつくりあげたアウトプットを町の方々に披露
3月23日:報告会とワークでプログラムでの学びを落とし込み、次の一歩を宣言

【参加者募集要綱】
※現在参加者募集は終了しております

【お問い合わせ】
E-mail:meister.set@gmail.com

【外部リンク】
マイスタープロジェクトのWEBサイトはこちら
Facebookはこちら


LINK

  • CMSP
  • CMC
  • TAKAPRO