NPO法人SETとは
NPO法人SETとは

NPO法人SETとは

特定非営利活動法人SETは、岩手県陸前高田市広田町を拠点に、町の方とともに「まちづくり」に挑戦している団体です。2011 年に発生した東日本大震災をきっかけに設立され、復興支援活動の過程で縁あって広田町に出会いました。その後現在に至るまで、町に根付いて継続的な活動を続けています。

広田町は、人、自然、食、伝統、文化など様々な魅力であふれている人口約3200人の漁師町。しかし一方で、今後日本が直面する課題を先取りしている課題先進地域でもあります。もともと震災前より存在していた少子高齢化や人口減少の問題が、被災により加速したのです。

しかし私たちは、広田町も直面しているこの人口減少社会をネガティブには捉えていません。人口が減ることはある意味、一人ひとりの存在価値や影響度が高まり、「できること」が増えていくことでもあるからです。

SET が行うまちづくりとは、人口が減少する中でも広田町が「『やりたい』が『できた』に変わる町」として豊かであり続ける、「人口が減るからこそ豊かになるまちづくり」です。こうしたまちづくりを通して、新しい時代の流れを生み出せる「日本の未来を創るリーディングカンパニー」となっていきます。

SETの事業 >

LIFESTYLE >

広田町とは >

MissionとVision

Mission
(どんな社会を夢見るか)

一人一人の「やりたい」を「できた!」に変え、日本の未来に対して「Good」な「Change」が起こっている社会を創る

Vision
(そのためにSETは何をするか)

自分らしく、社会を創る(町を担う)生き方、働き方をする人を増やす

運営組織

設立当時は10名程度であったSETも、7年間の活動を通して大きく拡大してきました。2018年2月現在、SETメンバーは現地に移住しているメンバー10名を含め、社会人・学生155名で活動しています。

SETのアクティブメンバーは主に現地メンバーと首都圏の学生で、学生メンバーの多くがなにかしらの事業やプロジェクトに所属し、月に1度広田町に通い続けています。また、社会人メンバーも、働きながらSETの活動をサポートしたり、週末を利用して広田町を訪れたりしており、大学卒業後も継続的な町との繋がりがあります。

SETメンバーの推移

団体概要>

活動実績

活動

◇全国の中学・高校の民泊修学旅行を市や他団体と協働で誘致し、広田町での受け入れを促進
◇地元の中高生向けにキャリア教育プログラムを4年以上継続的に実施
◇全国の学生向けに、地域おこし実践型のスタディツアープログラムを5年以上継続的に実施
◇全国の若者向けに4ヶ月の移住留学プログラムを開講

◇地元の方の創業を支援

結果

◇年間1500名以上の若者を広田町に誘客
◇年間1500万円の売上を創出
知り合いゼロから、SETをきっかけに10名以上の若者が広田町に移住
◇人口が約3200人の町で600名以上の住民の方がSETの活動に協力
◇震災から7年で、メンバーが10名から150名に増加
◇地元の方を応援し、陸前高田市初の古民家美術館『三陸館』を開館
◇被災した老舗和菓子店の復興と、陸前高田市初の和カフェをオープン

SETの沿革(~2016年)>

メディア掲載

◇新聞
東海新報、河北新報、岩手日日、岩手日報、読売新聞、産経新聞など

◇テレビ
NHK総合、NHK Eテレ、日本テレビ、岩手朝日テレビなど

◇ラジオ
NHKラジオ第一、ニッポン放送、東京FM/JFN系列、J WAVEなど

◇雑誌・情報誌等
『コロンブス』、『YOUTH PAPER』、『ソトコト』など

◇デジタルニュース
毎日新聞、朝日新聞デジタル、Yahoo!ニュースなど

◇WEB掲載
オルタナS、Local Letter、NTT docomo、Viewpointなど

最新メディア掲載情報>

クレドとロゴ

私たちは、「活動させてもらってるんだ」ということを忘れないためにも、広田町で活動していく上で大切にしていることをクレド(行動指針)とロゴに込めています。

-クレド-SETのクレド -ロゴ-CORE SMILE

クリックすると拡大します

代表理事 三井俊介より

三井俊介

三井俊介(Mitsui Shunsuke)

NPO法人SET 代表理事
法政大学法学部国際政治学科国際開発協力専攻 卒業 / 卒業後広田町に移住

(主なキャリア)
・社会起業大学1期生卒業 ソーシャルビジネスグランプリ2012冬 オルタナ賞受賞
・現陸前高田市議会議員
・日本農林漁家民泊推進協議会 顧問
・NPO法人高田暮舎 フェロー
・オピニオンサイト「ViewPoint 」ライター
http://vpoint.jp/author/mitsui

―代表挨拶―

道なき道を、仲間と共にしなやかに突き進み、これからの時代を、 自分たちの手で創り出していく。それがSETだと思っています。

私たちは未来が予測不可能な時代を生きています。しかしそれは一方で、一人一人、 自分にとっての豊かさを表現できる時代でもあります。

私たちはこの「広田町」という大好きな町から、そんなひとづくり、まちづくり、しゃかいづくりを行っていきます。

「できるかできないではなく、やるかやらないか。」

心の声に正直に、「やりたい!」と思った事を、一緒に「やる」と覚悟し、「できた」にかえていきましょう。

他のおすすめページ

SETの事業>

SETはどんな活動をしているの?

LIFESTYLE>

SETメンバーのライフスタイル

広田町とは>

私たちの活動拠点 広田町ってどんな町?


LINK