わたしたちの『社会づくり』

私たちは、一人ひとりの「やりたい!」を「できた!」に変えるための様々な取り組みを、東日本大震災の発生から10年間にわたり継続し、そしてこれからも挑戦をしていきます。 これからはさらに、これまで積み重ねてきた「ひとづくり」「まちづくり」の活動を多面的に検証することにも注力します。陸前高田市広田町で生み出してきたアウトプットをもとに、他地域への展開や社会の仕組みとして提言をしていく「社会づくり」が、私たちの次の10年間の新しい挑戦です。

アドボカシー

様々なSETの取り組みを県、国、政策の視点から編集し、仕組みから世の中に変化をつくることに取り組んでいます。現在は主に岩手県及び県内の基礎自治体に対して、関係・交流人口分野の政策立案への貢献を目的としたアドボカシー活動を行っています。

シンクタンク

SETの事業の価値を学術的に論証し、それぞれの事業がステークホルダーや社会にとって意義あるものにしていくための調査研究を行っています。SET独自のアカデミックボードを整備し、実践活動と論証活動を組み合わせることで社会変革を加速度的に進めていきます。

▼アカデミックボード

▼調査報告

「広田町内外の交流に関するアンケート調査報告書〜『交流』にはどんな価値があったのか?〜」(2020年10月)

SET's LINK

気になる活動を もっと詳しく見る

  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Maker Study Program
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉

Special LINK

SETの活動を応援する

  • ハチドリ電力

ハチドリ電力様