2020年7月29日 更新

■SETを通じた広田町の訪問をご希望の方への対応方針について

平素は大変お世話になっております。
特定非営利活動法人SET、理事長の三井俊介です。

当法人では、新型コロナウイルス感染対策を慎重に検討し実行しております。
今回は、当方人への訪問者への対応方針について、当面下記のように定めましたので、ご報告致します。

——————————

①短期滞在者(3週間以内)

(1)SET所有の宿泊拠点での宿泊は禁止
(2)訪問前2週間の新型コロナウイルス対策(不要不急の外出を避ける、検温など)を実施すること
(3)ご自身の拠点からの移動はできる限り公共交通機関を使わない(自家車両・レンタカー等を推奨)
(4)地域の人と会うことはご遠慮いただきます。また、SETスタッフとの車の同乗を避けてください
(5)打ち合わせ時は、三密を回避し、マスク着用・除菌などを徹底してください

②長期滞在者(3週間以上)

(1)月単位での受け入れとし(受入開始が月初で固定)、月当たり5人までとします(シェアハウス等宿泊拠点の確保の関係上)
(2)現地滞在前2週間の新型コロナウイルス対策(不要不急の外出を避ける、検温など)を実施すること
(3)ご自身の拠点からの移動はできる限り公共交通機関を使わない(自家車両・レンタカー等を推奨)
(4)5日間(仮)の現地隔離(その後は自由に活動が可能です)
(5)1ヶ月以上の滞在者は現地常駐メンバーのシェアハウスへ移動いただきます(家賃支払いをお願いしております※月1万円程度)

——————————
上記対応方針は、当方人の会員や関係者の安全を守るだけでなく、広田町民の皆様の安全を最優先で考慮したものとなります。
そのため、何かとご不便をおかけいたしますが、皆様の格別のご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

上記対応方針に関するお問い合わせは、本WEBサイトのお問い合わせフォーム、もしくは下記連絡先よりお願いいたします。

-連絡先-
特定非営利活動法人SET理事長:三井俊介
TEL 0192-47-5747
Mail set.forjapan@gmail.com

以上


2020年6月3日 更新

■当法人の6月以降の経営・活動方針について

平素は大変お世話になっております。
特定非営利活動法人SET、理事長の三井俊介です。

当法人では新型コロナウイルス感染対策をその時々の状況に応じて行って参りましたが、現在も余談を許さない状況が続いております。
当面の間の経営・活動方針について、下記のように定めましたので、ご報告致します。

<SETとしての決定>
①東京メンバーの現地(広田町内)での活動の禁止(解除のタイミングは市の方針に合わせます)

②広田町内事務所での「3つの密」を避ける基本的な感染症対策を講じること

③現地在住メンバーの検温、及び会った人の記録をすること

④社外の打ち合わせはできる限りオンラインで実施すること

⑤当法人メンバーは、「3密」を避ける行動を推奨し、感染拡大防止に努めること

⑥「外部の人と地元の方との”交流事業”」以外の事業を、感染症対策を徹底した上で順次再開していくこと

皆様の格別のご理解とご協力の程、引き続き何卒よろしくお願い致します。

-連絡先-
特定非営利活動法人SET理事長:三井俊介
TEL0192-47-5747

以上


2020年5月12日 更新

■SETの今後の方針について

日頃からお世話になっております。
特定非営利活動法人SET、理事長の三井俊介です。

現在の状況を鑑み、当方人では今後の方針について、下記のように定めましたので、お知らせいたします。

<SETとしての決定>
①現地在住メンバーの県を跨いだ出張等の禁止

②東京メンバーの広田町への現地での活動の禁止

③事務所での「3つの密」を避ける基本的な感染症対策

④現地在住メンバーの検温と会った人の記録

⑤社外の打ち合わせはできる限りオンライン似て実施

⑥東京など関東圏での10名以上の集まりや会議、イベントなどの禁止

⑦外部の人と地元の方との「交流事業」以外の事業を感染症対策を徹底した上での順次再開

※基本的に岩手県の指針に則ります
※岩手県の指針が変更になれば、変更になる可能性がございます。

皆様の格別のご理解とご協力、何卒よろしくお願い致します。

-連絡先-
特定非営利活動法人SET理事長:三井俊介
TEL0192-47-5747

 


2020年4月18日 更新

■夏の交流事業等中止のお知らせ

日頃からお世話になっております。
特定非営利活動法人SET、理事長の三井俊介です。

SETでは、岩手県陸前高田市広田町を中心に地域復興活動を行い、特に町の外から人を呼び込み、 町の皆さんとの交流事業を行うことで、町を元気にしていく、 活性化していく取り組みを2011年の震災後から行ってまいりましたが、春の交流事業は全て中止としました。

今後の対応についてお知らせさせていただきます。

<SETとしての決定>
例年夏に開催していた住民と大学生との交流事業 チェンジメーカースタディプログラム中止
→5月から8月まで毎週30人〜40人の大学生が訪問予定だったものがなくなります
→8月3週目から9月1週目までの間に約200名の大学生が訪問することがなくなります

カフェ彩葉の営業については当面の間休業といたします

新たな移住者の自宅待機期間をさらに1週間延長いたします
新しい移住者の自宅待機期間が2週間を経過しましたが、皆様からの不安の声を受け、感染拡大の可能性を0にするため、さらにもう1週間延期します。
現在のところ11名全員、体調不良や発熱などは起こしておりません。なお生活に必要な食事の買い出しなどについての外出のみ許可しています。ご理解いただければと思います。

<文言訂正>
4月4日でお知らせした第2号で文言の訂正がございます。申し訳ございませんでした。
①「SETのとしての決定」欄
二週間の「自主隔離」 2週間の「自宅待機

②「判断理由」欄
「自主隔離で感染が確認されない」「自宅待機での発熱や体調不良等が確認されない

緊急事態宣言も発令されており、先行きの見えない不安な日々が続いてるかと思います。感染をこれ以上拡大させないために、私たちもできる限りの対策と情報公開をしていきます。
現地で活動している職員・メンバーも在宅ワークを基本としております。
何か不安やご質問などありましたら、ぜひ直接ご連絡いただければと思います。
皆様の格別のご理解とご協力、何卒よろしくお願い致します。

-連絡先-
特定非営利活動法人SET理事長:三井俊介
TEL0192-47 -5747


2020年4月4日 更新

■新型コロナウイルス対策に関する当法人のその後についてお知らせ

日頃からお世話になっております。
特定非営利活動法人SET、理事長の三井俊介です。

SETでは、岩手県陸前高田市広田町を中心に地域復興活動を行い、特に町の外から人を呼び込み、 町の皆さんとの交流事業を行うことで、町を元気にしていく、 活性化していく取り組みを2011年の震災後から行ってまいりました。

この春も約200名の首都圏の若者たちが訪問し、約600名の地元の皆さんと交流予定でしたが、新型コロナウイルス感染症への対策のため、【社会的責任・人命の最優先】とし、2月25日、春に開催予定の全ての交流事業に関する取り組みを中止といたしました。
その結果、財政難となりましたが、多くの皆様からのご協力のおかげで、なんとか当面倒産をせずに活動を行えそうです。本当にありがとうございました。

この後の対応についてお知らせさせていただきます。

<SETとしての決定>
・職員の関東圏への出張の中止(期間未定)
・関東圏在住の法人メンバーの町内訪問による活動の禁止(期間未定)
・感染拡大警戒地域、感染確認地域からの訪問、打ち合わせ依頼などのお断りもしくはオンラインでの実施(期間未定)
・東京など関東圏での10名以上の集まりや会議、イベントなど(期間未定)
・4月から移住予定だった職員、移住プログラム参加者は以下のルールに基づく2週間以上の隔離の上、感染が確認されなければ通常の活動への順次参加
① 二週間の自主隔離
体調管理シートを運用して体調が悪い場合はすぐに保健所に連絡

② 来る前の体調チェック
もし熱があることや、体調が悪い場合は移動しない

③ 移動時の注意
マスク着用とアルコールを持っていれば定期的に消毒し新幹線内やバスでの移動の際に感染しないようにアドバイスする

④ 外出の禁止
食料や生活用品の買い出し以外での一切の出歩きの禁止
(自主隔離参照:COSMOPOLITAN
(同様のルールに基づき3月27日から隔離を数名開始)

<判断理由>
・関東圏などを中心とした感染拡大警戒地域での不要不急の外出は自粛する旨が出ていること
・専門家会議で発信された提言に基づき、感染未確認地域での特定参加者のイベントや企画などは注意をしながら実施して良いとされていること
・4月から移住予定であった11名は、大学卒業、もしくは会社を退職し、住まいも解約済みの方も多くいたため
(ただしSET側の意向を伝え、2週間以上の隔離に同意していただいた方のみに来ていただいてくこととした)
・県の指針や市、保健所との相談の上、2週間の自主隔離で感染が確認されないのであれば、活動して良いと言う旨を確認できたため
※参考資料
NHK NEWS WEB

<再開する事業>
・カフェ彩葉の営業

<延期とする事業>
・ChangeMakers’College
(4月5日から入学式の予定であったが、プログラム参加者の自主隔離期間終了後の最低でも4月20日以降の開始とする)
・民泊修学旅行誘致事業
(春に行う予定だったものは全て秋に延期のお願いをさせていただいています)

また、夏の交流事業などにおいては、情勢を見て、判断させていただければと思っています。

新型コロナウイルス感染症が拡大する中で、
私たちはできるところから少しずつ、事業を再開させていきたいと思っております。
皆様の格別のご理解とご協力、よろしくお願い致します。

NPO法人SET 代表理事
三井 俊介


2020年2月27日更新

■SET、春の全交流事業【中止】のお知らせ

日頃からお世話になっております。
特定非営利活動法人SET、理事長の三井俊介です。

SETでは、岩手県陸前高田市広田町を中心に地域復興活動を行い、特に町の外から人を呼び込み、 町の皆さんとの交流事業を行うことで、町を元気にしていく、 活性化していく取り組みを2011年の震災後から行ってまいりました。

この春も約200名の首都圏の若者たちが訪問し、約600名の地元の皆さんと交流予定でしたが、新型コロナウイルス感染症への対策のため、【社会的責任・人命の最優先】とし、2月25日、春に開催予定の全ての交流事業に関する取り組みを中止といたしました。

<SETとしての決定>
3月31日まで、広田町外の人を町内に呼び込むこと、陸前高田市外に職員が出ることを中止します。

<判断理由>
・2月25日、首相官邸の新型コロナウイルス感染症対策本部決定が出され、ここから1~2週間での抑え込みが重要。
 また全国的にイベント開催を検討して欲しいという旨が発表された。
・高齢者の方や基礎疾患がある方が感染すると、重篤化する場合がある。
 SETは交流事業をしているので、高齢者の皆さんと接する機会が多く、もし感染させてしまったら取り返しがつかない場合がある。
・また大学生やスタッフもそういうことが起きた場合に負う心の傷は計り知れない。

<中止とするイベント>
・2月24日〜3月1日 チェンジメーカースタディプログラム 泊地区、喜多地区、小袖地区(25日夜で中止)
・3月2日〜3月8日 チェンジメーカースタディプログラム 根岬地区、中央地区
・3月9日〜3月15日 チェンジメーカースタディプログラム 長洞地区、中沢浜地区、大陽地区
・3月9日〜3月15日 高田と僕らの未来開拓事業 大学生の現地活動
(なお、3月15日に開催予定の「町の出発式」に関しましては、現状では開催予定となっております。)
(その他交流を伴わない事業に関しまして通常通り行えるものは行っております。中止の期間も当面3月31日までのイベントとさせていただいております。)

日々、皆様に支えていただき、9年間活動を続けてこれたものを、このような形で中止にせざるを得なくなったこと、大変心苦しく思っています。しかし、広田町の皆様のことを第一に考えこのような決断となりました。

また経営的にはかなり大変になり、実質事業を継続できなくなるかの瀬戸際にいる、という状況です。ぜひ皆様に支えていただきたく、寄付金の募集を開始いたしました。
下記のページより、少しでも寄付にご協力いただけますと幸いです。

▼寄付キャンペーンページ(Syncable)
https://syncable.biz/campaign/907/

これからもこの広田町のために、日本の未来のために頑張っていきたいと思います。
今後ともぜひよろしくお願いします。

NPO法人SET 代表理事
三井 俊介

ご不明点などありましたら、ぜひ下記の連絡先までご連絡ください。
TEL: 0192-47-5747
MAIL: set.forjapan@gmail.com


SET's LINK

気になる活動を もっと詳しく見る

  • 広田民泊
  • 高田と僕らの未来開拓プロジェクト
  • Change Maker Study Program
  • Change Makers' College
  • Café 彩葉

Special LINK

SETの活動を応援する

  • ハチドリ電力

ハチドリ電力様